ヒマラヤ小学校通信

本文へジャンプ
10月のニュース


2、幼稚園クラスを対象にシラミ退治。(10/06更新)
10月4日(木)、幼稚園クラスの子ども達を対象にした「シラミ退治」を行いました。

ヒマラヤ小学校では開校当初から、子ども達に髪や体を洗うことの大切さを学んで貰おうと、定期的なシラミ退治活動を行なっています。今では体を洗う習慣が家庭にも広がるなど、一定の効果が出ています。

シラミは回帰熱や流行性発疹チフスの原因となる危険な寄生虫です。今回、ダサイン祭りの長期休暇を前に、子ども達の髪と体についたシラミ(アタマジラミとコロモジラミ)を退治するため、ヤッギャ校長と3、4年の上級生が中心となり、幼稚園クラスの園児の頭と体を洗いました。洗い終えた後は熱湯に浸けた櫛を使って、皆で一匹ずつ丁寧にシラミを取り除きました。

シラミ活動を終えたヤッギャ校長は「今日は上級生が積極的に手伝ってくれて助かりました。手伝ってくれた上級生たちも、数年前までは体を洗う習慣が殆どありませんでしたが、今では家庭できちんと頭や体を洗っています。子ども達を感染症の危険から守るため、今後もシラミ退治など「衛生教育」の徹底に力を入れたいです。」と話していました。


今回の「シラミ退治」開催にあたり、医師のシャキャ氏からシラミ駆除用の薬品を、東京都の藤岡様から粉末石鹸シャンプーをそれぞれご寄贈いただきました。お礼申し上げます。


皆で粉石けんを泡立てました。  一人ひとりを丁寧に洗うヤッギャ校長   上級生がお手伝い


雨水も利用


          洗い終えて、みんなスッキリ。     丁寧に下級生のシラミを取る上級生



                                                    文・写真/吉岡大祐
  HSF All Rights Reserved