子供達が『教師の日』を祝う。

7月30日(月)は『教師の日』(グル・プジャ)です。ヒマラヤ小学校でも先生達への日頃の感謝の気持ちを込め、子ども達が教師の日を祝いました。今年の『教師の日』は4年生が中心となり、子供達が全てを企画。みんなでアイデアを出し合い、様々なイベントが行なわれました。

野花を摘んできて先生たちへプレゼント。 教師の日の準備を進める児童。(中央) 


今日は一日、授業なし!!


児童から先生へ〜

まず初めに子ども達はリボンや風船、米を使い、教室の飾り付けを行ないました。飾り付けが完成すると、各クラスの担任の先生を呼び、子供達が1人ずつ先生へ花をプレゼントしました。沢山の花を貰い先生達からは笑顔が毀れていました。その後、子ども達は各自、お世話になっている先生へカードや絵など手作りのプレゼントを渡して、感謝の気持ちを伝えました。

       
   ムヌ先生も嬉しそう。     児童から花を貰うアヌシャ先生         一番多く花を貰ったヤッギャ校長。      花をたくさん貰ったスニタ先生 



〜先生から児童へお返し〜

先生達は教師の日のお祝いのお礼に、子ども達一人ひとりの額にティカをつけました。ティカをつけた後は先生達が子ども達へお菓子をプレゼント。皆で美味しく食べました。

祝福のティカ(赤い印)をつけて貰う子ども達

先生たちからおやつがプレゼントされました。


〜お楽しみ会〜

おやつを食べた後はお楽しみ会が開催され、子供達が歌や踊り、ジョーク、劇など、得意な出し物を披露しました。

歌や踊りに大盛況。 感謝の気持ちを綴った詩を朗読。 太鼓の演奏を担当したミネス君

皆で楽しい時間を過ごしました。

今回の『教師の日』を企画した4年生の1人、アニタちゃん(13歳)は、『先生達が喜んでくれたので嬉しかったです。来年もまた教師の日を皆で祝いたいです。』と、喜びを話しました。また子ども達が企画した『教師の日』について3年生担任のモンゴル先生は、『子供達が一生懸命、祝ってくれて本当に嬉しかったです。子ども達の感謝の気持ちに応えられる様、これからも頑張りたいです。』と、嬉しそうに話していました。


7月のニュース


ホームページ     ヒマラヤ小学校通信  

 ヒマラヤ小学校支援のお願い
   ヒマラヤ小学校・スポンサーシップ制度  

HSF All Rights Reserved