編み物教室を開催。
〜将来の自立に向けた活動〜

7月3日(火)から夏休みを利用して、子供達が編み物を習っています。今回の編み物教室は、子ども達の将来の自立に向けた活動の一環として、パルバティ・シャキャさんの協力の下で開催されています。ヒマラヤ小学校の3、4年生から希望者10名(7/7現在)が毎日、2時間程度、編み物を学んでいます。

編み物はネパール国内において、女性の貴重な現金収入源として幅広く行なわれています。今回参加している10名の内、3年生のリナちゃん(20歳)は特に覚えが早く、既に帽子を編む練習を始めています。今後、継続的に教室を開催することで、子ども達の自立を一歩ずつ進めて行く予定です。

熱心な指導を行なうパルバティさん 


わからない点を教えあいながら、少しずつ上達しています。



上手な4名。特に20歳のリナ(右端)は上達が著しい。


関連ブログ記事


7月のニュース


ホームページ     ヒマラヤ小学校通信  

 ヒマラヤ小学校支援のお願い
   ヒマラヤ小学校・スポンサーシップ制度  

HSF All Rights Reserved