栄養摂取プログラムを開催

7月1日(日)、ヒマラヤ小学校で栄養摂取プログラムが開催されました。今回のプログラムではジャム付き食パン(オレンジ、イチゴ味)、ゆで卵、牛乳、マンゴーが子ども達の大好きなメニューが用意されました。また今回は原則としてお代わりを自由とし、子供達がお腹いっぱい食べられるようにしました。

この時期、田植えの手伝いなどでお腹を空かせている児童も多く、子ども達は競うようにお代わりをしていました。子ども達は普段、家庭で果物を食べることがないため、特にマンゴーを大変喜んでいました。

プログラムを終えてヤッギャ校長は、『これまでの経験から、料理の内容よりも量の方が大事だと感じていました。今回、試しに料理の数を減らし、お代わりを自由にしましたが、とても良かったように思います。特にマンゴーを食べることが出来て、子ども達は大変喜びました。』と、感想を話していました。


栄養摂取プログラムは、国際ソロプチミスト深川クラブ(北海道)、荒木様(東京都)、ボランティアサークル・チョラチョリ(神奈川県)、橋本和一様(大阪府)のご支援で開催しています。


先生たち全員でパンにジャムを塗り、卵の皮を剥いて準備しました。


パンを配る先生  牛乳を配る上級生。 ゆで卵も人気メニューのひとつです。

今回の目玉は、マンゴー

7月のニュース


ホームページ     ヒマラヤ小学校通信  

 ヒマラヤ小学校支援のお願い
   ヒマラヤ小学校・スポンサーシップ制度  

HSF All Rights Reserved