ゲームを使った数字を覚えよう。

6月8日(木)幼稚園年長組(K・Gクラス)の子供達が、遊びながら数字を覚えるゲームに挑戦しました。

ゲームは鬼となった子が円の中を周り、1〜50まで数えながら、50人の子供達と握手やナマステのポーズなどをして交流します。51人目となった子が鬼となり、再び1〜50まで数えながら50人と交流するものです。

ゲームを導入した算数担当のモンゴル先生は、『黒板に書かれた数字だけでは覚えるのが大変です。ゲームを通して、楽しく学べば自然と効果が出ると期待しています。今日一日だけで大勢の子供達が50まで数えられるようになりました。』と、ゲーム導入の手応えを話していました。

様々な方法で交流をしました。ダンスのポーズで交流する子(右端)

子供達はゲームにすっかり夢中の様子。



ホームページ 
    ヒマラヤ小学校通信     5月のニュース    

 ヒマラヤ小学校支援のお願い   ヒマラヤ小学校・スポンサーシップ制度  

写真ブログ


HSF All Rights Reserved