ヒマラヤ小学校が夜盗被害に遭う。


12月21日、ヒマラヤ小学校が再び夜盗被害に遭いました。

調べによると21日未明、複数の夜盗が施錠を破壊してヒマラヤ小学校職員室に侵入。30〜40分に渡り、職員室内を物色しました。夜盗の侵入に気付いた当直のモンゴル先生が、今年9月に設置された防犯サイレンを鳴らすと、夜盗犯は職員室から逃げ出したとの事でした。

21日の早朝にはネパール警察による調査が行われました。詳しい被害については確認されていませんが、カーテンや文房具の一部が紛失しています。チョラ・チョリの皆様とフレンドシップネパールの皆様からご寄贈いただいたピアニカも数個、職員室から持ち出されましたが、学校付近で発見されました。(破損等の被害は確認できていません。)

当直のモンゴル先生は『また夜盗が入り、子ども達の学用品が盗まれしまい悔しい思いです。ただ、今回の事件では防犯サイレンがとても効果を発揮しました。被害は前回よりも少ないのではないかと思います。』と話しています。

ヒマラヤ小学校では今年5月にも同様の夜盗が入り、大きな被害が出ました。半年の間に事件が再発した事に、ヒマラヤ小学校周辺で不安が広がっています。

現在、防犯サイレンが設置されている場所では、サイレンを鳴らすために当直室から外に出なければいけないため、危険が伴います。今回の事件を踏まえ、今後、当直室へのサイレン設置を考えています。

棚の鍵が壊されれ、無理やり抉じ開けられました。校長机も被害に。


犯人がカーテンを盗むときに付いた足跡、壊された鍵。 子ども達も度重なる被害に不安を感じています。

学校周辺に棄てられたピアニカ。



ホームページ 
    ヒマラヤ小学校通信     2階建設アーカイブス

12月のニュース     ヒマラヤ小学校支援のお願い

HSF All Rights Reserved