ホームページへ
ヒマラヤ小学校通信
2階建設アーカイブス

HSF All Rights Reserved

ヒマラヤ小学校支援のお願い
5月のニュースへ

ラケシュ君が空手に挑戦

1年生のラケシュ君が空手に挑戦しています。ラケシュ君は内気で、なかなか気持ちを表に表すことが出来ない性格です。残念ながら進級試験に落第した事もあり、なんとかラケシュ君が気持ちを表現できるきっかけになればと教職員の支援で『和道空手』を習うことになりました。

ラケシュ君が空手を初めて1ヶ月あまりが経ちましたが、朝6時から始まる稽古には欠かさず参加しています。また空手の稽古を通じて友達も沢山でき、声も出るようになりました。5月27日には念願の道着が出来上がり、ラケシュ君に贈られました。

担任のモンゴル先生は『ラケシュは空手を習い始めてから声が出るようになりました。この1ヶ月、クラスで1番大きな成長が見られました。ラケシュにはぜひ空手を続けて欲しい』と話していました。ヤッギャ校長は『ラケシュが空手を好きなことが1番です。子供達にはそれぞれいろんな可能性があります。確かにラケシュは勉強が苦手です。しかし彼には勉強以外にも必ず優れた点があると思います。もしかしたらラケシュには空手の才能があるかもしれません。子ども達の才能を引き出すことが教師の大事な仕事だと思います。』と熱く語っていました。

ラケシュ君は将来、黒帯になってチャンピオンになりたいと夢を広げています。ヒマラヤ青少年育英会では今後も一人ひとりの子ども達の夢を育てていきたいと思います。ラケシュ君、夢に向かって押忍!!