ホームページへ
ヒマラヤ小学校通信
2階建設アーカイブス

HSF All Rights Reserved

ヒマラヤ小学校に強盗

5月3日(火)未明、ヒマラヤ小学校に3人組の男が押し入り、職員室にあった現金約1500ルピー(児童福祉基金)と備品数点が奪われる事件が発生しました。当直のモンゴル先生に怪我はありませんでした。

調べでは、3人組は午前1時ごろ職員室の鍵を壊して侵入、机や戸棚などを約1時間に渡り物色した後、現金と備品を奪いそのまま逃走しました。
現在、ネパール警察が3人の行方を追っています。

奪われた現金1500ルピーは、子供達の相互扶助を目的に『児童福祉基金』として子供達から毎月5ルピーを徴収していたものです。今週中に銀行口座を開設するためヤッギャ校長が管理していました。またコンピューターやラジカセなどの貴重品は、ヤッギャ校長らが自宅に持ち帰り管理していたため、被害を免れました。

同日、ヒマラヤ小学校の以外にも、近隣の村で学校を狙った同様の被害が報告されています。ヤッギャ校長は『強盗団に強い憤りを感じます。モンゴル先生に怪我がなかった事は不幸中の幸いでした。今後、同じような被害にあわない様、何らかの手段を講じたいと思います。』と話していました。

鍵を壊して侵入

荒らされたロッカー

校長机も被害に

被害を確認するヤッギャ校長